calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

東京の天気

ただいまの訪問者数

ブログパーツUL5

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.04.27 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    H30年秋のネットワークスペシャリスト合格体験記

    0
      JUGEMテーマ:情報処理試験

      30年度のネットワークスペシャリスト試験に合格できたました。記憶の新しいうちに振り返ってみました。

       

      1.受験の動機

      今回は4回目の挑戦です。さすがに3回も受けるとモチベーションが低下するの事実です。今回、転職してネットワーク関連の業務に従事することになったこと、合格時のお祝い金がでること、で砕けおちるモチベーションを維持することができました。特にお祝い金では、妻との約束で全部小遣いでもらう約束をしているので、モチベーションが落ちてくると、何に使おうか楽しいことを想像し気力を上昇させる繰り返しでした。

       

      2.勉強方法

      情報処理試験は、高度区分はPM、SC、AUを保有しています。NWも基本は過去問の繰り返しです。参考書はネスペシリーズ。4回も受験すると、23〜29(途中24はなし)まで6冊保有しています。過去問を解くに解説が大変詳しく、ネスペ受験には最良の書だと思っています。私自身、これまでの業務経験で、ネットワーク構築の経験はありません。常に利用者側の立場で、ベンダーに依頼してきました。参考書を見ると、NWの知識により理解を深めるために、実機を使ってネットワーク、サーバ設定をしなさいとあります。が、現実的に業務で触ることなく、自宅で実践しようと試みてもすぐに挫折してしまい、結局は座学のみで挑戦しています。

      過去問は、古い年度の問題は10回以上、最近の問題でも5回以上解いたと思います。午後問の勉強時間は、朝の出勤前1時間〜2時間程度、午前問は通勤の電車中のみです。夜は疲れているので早く酒を飲んでゆっくりしたいし、休日もやりたいと思ってもなかなか手につかないのが実状です。特に、外部の通信教育や模試は受講していません。雰囲気に慣れる程度に役に立つかもしれません。またネットワークの勉強をやったおかげで、日経ネットワークは大分理解できるようになりました。

       

      3.当日の様子

      受験場所は、自由が丘にある自由が丘高校です。ネットワーク試験は4回とも同じ場所です。今回は他の試験区分の会場にもなっていました。午後気鰐1と2を選択しました。さっと見た感じで同じ難易度のようでしたので、頭から2問を選択しました。午後兇鰐2を選択しました。悩みました。問1のMQTTは難しいと感じたし、問2のオープンフローは過去問で学習したことがあるものの、後半部分の問題分が妙に長くて難しく感じました。結果的に過去に勉強した問2を選択したのが正解でした。落ち着いて解答したことで、難しいと感じた後半の問題は、逆に全問正解し、合格に道筋を立ててくれました。

       

      4.最後に

      情報処理試験の問題は、各分野ともよくできていると思っています。NW試験を通して、NWn知識が随分と知識が深まりました、同僚や協力会社の人たちに、気後れせずに自信をもって話せませす。高度区分を4階級制覇したので、次はどうしようか悩みます。年齢も56を過ぎると、モチベーションも沸かず、あるとすれば祝い金だけです。1月には春期試験の申込みがスタートします。

       


      H30年秋のネットワークスペシャリスト試験に合格しました。

      0

        JUGEMテーマ:情報処理試験

         

        4回目の挑戦でようやく合格しました。

        午前機〔判

        午前供84点

        午後機68点(問1、2を選択) 自己採点は64点

        午後供66点(問2を選択)  自己採点は68点

        午後気呂笋箍実麺かせ、午後兇聾靴靴でるようです。

        午後気任笋簑燭の通過者を出して、午後兇嚢膤蔑┐鯆汗阿垢襪里任海侶晃になるのはやむ得ないと思います。

         

        まずは素直に喜ぶことにします。 


        H30年秋のネットワークスペシャリスト試験TACとiTECから解答例が発表されました。

        0

          JUGEMテーマ:情報処理試験

           

          TACとITECから解答例が発表されました。早速、自己採点しました。午後1はぎりぎりセーフ。午後2は設問5の解答が、ITECとTACで異なるため、点数の幅は広くなりました。

           

          午後1 61点

          午後2 51〜60点

           

          それでも悔やまれるのが、問1のスタックとチーミングを間違えたこと。よく読めば分かっていただけに、これで落ちたら悔しい!


          H30年秋のネットワークスペシャリスト試験の復元答案(午後供

          0

            JUGEMテーマ:情報処理試験

             

            午後兇惑困鵑惜、問2を選択。問2は最後のテーブル表の多さにビビりましたが、実は問題に関わるところはそう多くなく、こちらを選んで正解でした。問1のMQTTは、今回はIoTの出題はかなり高いと予想していましたが、知らない言葉もたくさんあり避けました。

             

            設問1

            ア トランク(→正解はスタック)

            イ ステートフル

            ウ 認証

            エ リンクアグリケーション

             

            設問2

            (1) 顧客毎に異なるFWポリシーを設定するため

            (2) 

             FWaとLBaの通信とFWbとLBbの通信

             FWaとL2SWaの通信とFWaとL2SWbの通信

             FWaとFWb間の通信

            (3) 物理サーバ1~nが接続されているポートに仮想サーバで利用するタグVLANを設定する。

             

            設問3 OFSのIPアドレス

             

            設問4

            (1) 仮想FWの仮想IPアドレス、仮想FWの仮想MACアドレス、VLAN

            (2) L2SWaとL2SWbの顧客側のL2SWとL3SWを接続するポートに設定する

             

            設問5

            (1) 同じ顧客の仮想サーバが同じ物理サーバにあるため、物理サーバ障害時にサービスが停止する。

               同じ顧客のWebサーバ、業務サーバは、異なる物理サーバに配置する。

            (2) FWpの宛先であるLWpのMACアドレスは仮想L2SWの配下であり、学習済であるため、Fエントリなしでも転送可能であるから

               →さっぱり分かりませんでした。

            (3) 

             オ Fテーブル1 項番2

             カ Fテーブル0 項番6

             キ Fテーブル4 項番6

            (4) OFS1 OFS2、項番7、P12から出力

             


            H30年秋のネットワークスペシャリスト試験の復元答案(午後機

            0

              JUGEMテーマ:情報処理試験

               

              H30年秋のネットワークスペシャリストの復元解答です。まずは午後機

              問1と問2を選択。問1はすんなり選択できました。問2と問3は悩みましたが、NHRPなど難しい言葉があったので、問2を選択しました。が、SNMPに関する問題がよく分からず苦戦。

               

              問1

              設問1

              (1) ア フォワード、 イ リバース

              (2) IPアドレス

               

              設問2

              (1) CONNECT

                 通信の宛先のホスト名がSaas以外の場合の通信を拒否する。

              (2) G社Saasのルート証明書

               

              設問3

              (1) コントロール

              (2) Saasへの経路のネクストホップをSD-WANに設定する

              (3) SD-WANコントローラ

              (4) 社内PCからインターネットへの通信

              (5) 営業所からG社Saasへのアクセスログを得るため

                 社内PCからG社SaasへのWebアクセスはプロキシサーバを経由しないため

               

              問2 

              設問1

              ア ICMP、イ IPアドレス、ウ UDP、エ コミッティ

               

              設問2

              (1) デフォルトゲートウェイ

              (2) Helloメッセージ

              (3) VLAN100、VLAN200、VLAN300

               

              設問3

              (1) P2

              (2) スパニングツリーで確立したルートが断線したため

               

              設問4

              (1) エージェント:スイッチ、マネージャー:監視サーバ

              (2) 

              ポーリング 

               SNMPマネージャーで応答がない場合、機器の状態を把握できない。

              トラップ  

               フロアSW1がトラップを送信しても監視サーバに届くルートがない。

              (3) 確認応答を受信できなかった場合、経路を変更して再送信する。

               


              H30年秋のネットワークスペシャリスト試験の採点(午前2)

              0

                JUGEMテーマ:情報処理試験

                 

                H30年秋ネットワークスペシャリストの午前兇鮑療世靴泙靴拭7覯未84点。合格です。前回が68点でしたので、今回は少し易しく感じました。()内がIPAの解答。

                 

                 

                問  1 〇 ウ

                問  2 〇 ア

                問  3 〇 ア

                問  4 〇 ア

                問  5 〇 ア

                問  6 × エ(イ)

                問  7 〇 イ

                問  8 〇 イ

                問  9 〇 ウ

                問10 〇 ア

                問11 〇 イ

                問12 〇 イ

                問13 〇 イ

                問14 〇 エ

                問15 × ウ(エ)

                問16 〇 イ

                問17 〇 ウ

                問18 × ア(イ)

                問19 〇 ア

                問20 〇 ウ

                問21 〇 イ

                問22 〇 エ

                問23 〇 イ

                問24 × ア(ウ)

                問25 〇 ア

                 

                JUGEMテーマ:情報処理試験


                H29年秋のネットワークスペシャリスト試験の結果

                0

                  JUGEMテーマ:情報処理試験

                   

                  やっぱり駄目でした。

                  午前供68点

                  午後機58点

                  午後供 

                   

                  予想通り午後1で失敗しました。午後兇できていただけに、何とも悔しい気分です。

                  と言ってもどうにもなりません。


                  H29年秋のネットワークスペシャリスト TACとiTECから解答例が発表されました。

                  0

                    JUGEMテーマ:情報処理試験

                     

                    TACとiTECから解答例が発表されました。早速、自己採点しました。結果は、以下のとおりです。TACとiTECの点数が異なっているのは、両者の答えが違うところが数か所あったためです。

                     

                    午後1 TAC 53点、iTEC 52点

                    午後2 TAC 54点、iTEC 54点

                     

                    残念ながら午後1で失格。今回は午後1が難しく感じられ、焦りまくりだったのでやむをえない気もします。

                    あまり期待せずに、12月22日を待つことにしました。

                     


                    H29年秋のネットワークスペシャリスト試験の採点(午前2)

                    0

                      JUGEMテーマ:情報処理試験

                       

                      H29年秋ネットワークスペシャリストの午前兇鮑療世靴泙靴拭7覯未68点。合格です。前回が80点でしたので、今回は少し厳しい結果でした。原因は新問の割合が例年に比べると多く、これが結構間違えていました。決して解けない問題ではないのですが。前回までが少し易しすぎた感もあったので、ちょうどよい難易度ではないかと思います。()内がIPAの解答。

                       

                      今回は午後気廼貔錣魘いられたので、午後気侶覯未少し不安です。12/20の合格発表日を寝て待つことにします。

                       

                      問  1 〇 ウ

                      問  2 〇 エ

                       1時間あたりの発生回数は、発生頻度が3分に1回なので60÷3=20回

                       1時間あたりの保留時間は、180台×20回×80秒/3600=80時間。

                      問  3 × ウ(イ)

                      問  4 〇 ウ

                       VALNの個数は2の12乗=4096

                      問  5 〇 エ

                      問  6 × イ(ア)

                      問  7 〇 イ

                      問  8 × ウ(エ)

                      問  9 × イ(エ)

                      問10 〇 ア

                      問11 〇 ウ

                      問12 〇 イ

                      問13 〇 ア

                      問14 × ア(ウ)

                      問15 〇 イ

                      問16 〇 エ

                      問17 × ウ(ア)

                      問18 〇 エ

                      問19 〇 イ

                      問20 〇 イ

                      問21 〇 ア

                      問22 〇 ウ

                       Multi-Level Cell → 2ビット以上のデータを記憶から推測しました。

                      問23 × イ(ウ)

                       分かりません

                      問24 〇 ア

                       ア → 使用性、イ → ?、ウ → 拡張性、エ → 可用性

                      問25 × エ

                      アジャイルとよばれるソフトウエア開発手法の一つ。俊敏かつ柔軟に対応することに主眼を置き、設計・製造・テストという開発サイクルを繰り返して進める。UX(ユーザエクスペリエンス)と間違えた。

                       


                      H29年秋のネットワークスペシャリスト試験の復元答案(午後供

                      0

                        JUGEMテーマ:情報処理試験

                         

                        続いて午後兇任后L筍欧鯀択。オープンフローはH25年度の午後兇暴仟蠅気譴討い燭里妊船礇鵐垢と思いきや、内容が難しそうだったので諦め。問2の無線LANを選択しました。午後気茲蠅出来たかも?

                         

                        設問1

                        a 2.4

                        b 5

                        c ゼロ(←全く分かりません)

                        d 共通

                        e 802.11x

                         

                        設問2

                        (1)

                        f ストリーム

                        g 固定長

                        h AP

                        i MACアドレス

                        j 共有鍵

                        (2) カウンタ値Cと復号鍵でAESにより復号化し、暗号化したメッセージe1とXORする。

                         

                        設問3

                        (1) 40M 2本

                        (2)

                        無線LANの通信が増加した場合でも、WLCの性能に影響されない利点

                        WLCが故障した場合でも無線LANの通信が継続できる利点

                        (3) 使用するチャンネルが重複する影響

                        (4) 3

                        重なったセル内のNPCを最適なAPに接続させるため

                        (5)

                        スーパーPoE(全く分かりません)

                        216W

                         

                        設問4

                        (1) クライアント証明書の有効期限、サーバ証明書の公開鍵

                        (2) 認証エラー時に営業員以外の利用者がダウンロードサーバにアクセスでき、クライアント証明書をダウンロードされる可能性

                        (3) クライアント証明書を始めてダウンロードする営業員

                         

                        設問5

                        (1) サプリカント NPC、オーセンティケータ AP

                        (2) ESSID名、認証のためのパスワード

                        (3) イ

                        (4) インターネットに接続するポートをVLAN200に設定する。

                        (5) 接続するAPが変わると通信が継続されない

                           APが変わると新しいAPとの認証できず、エラーとなるため。

                        (6) AP→L2SW5→L3SW→FW→L2SW1→プロキシサーバ→L2SW1→FW→ルータ

                         

                         


                        | 1/3PAGES | >>